iPhone エンドツーエンド暗号化を有効にする方法

Apple は、iOS 16.2 で主要なセキュリティ強化を導入しており、iCloud の iMessage、iPhone バックアップ、およびその他 8 つのアプリ/カテゴリの完全な暗号化という長い間要求されていた機能をこのプロセスで導入しています。 連絡先/回復キーを設定する必要があります。 iMessage、iCloud、デバイス バックアップ、メモ、Safari、写真などの iPhone のエンド ツー エンド暗号化を有効にする方法は次のとおりです。

iOS 16.2 は開発者テストとパブリック ベータを完了しています。 昨日、デビュー候補が発表されました。 ということで、公開まであと少し。

しかし、Apple の高度なデータ保護や、iPhone 14 Pro 用のカスタマイズ可能な常時表示ディスプレイ、Apple Music Sing などの優れた機能をすぐに試したい場合は、インストール方法を学ぶことができます.今すぐ無料で。 私たちの完全な説明では:

エンド ツー エンド (E2E) 暗号化は、Apple メッセージ、iCloud キーチェーン、健康データなどに対して既に存在しますが、この更新により、E2E がメッセージ バックアップ (iCloud 内のメッセージ)、iPhone iCloud バックアップ、iCloud ドライブ、メモ、写真、リマインダー、Safari ブックマーク、Siri ショートカット、ボイスメモ、Wallet Pass. 当社の完全なカバレッジと Apple のカバレッジについて詳しくは、こちらをご覧ください。 サポート ドキュメント.

暗号化を有効にする方法 iMessage、iCloud バックアップ用の iPhone エンドツー暗号化

  1. 確認してください iOS 16.2 の使用 (待ちたくない場合は、無料のベータ版をインストールしてください。)
  2. 開いた 設定アプリ あなたのiPhoneで
  3. あなたの名前をタップ 頂点で
  4. 今選ぶ アイクラウド
  5. 一番下までスワイプしてタップ 高度なデータ保護
  6. 接する 高度なデータ保護を有効にする
    • 回復連絡先または回復キーを設定していない場合最初にそうするように求められます。
  7. 連絡先/回復キーの設定が完了したばかりの場合は、に戻ります 設定アプリ > iCloud > 高度なデータ保護 次にタップします 高度なデータ保護を有効にする
  8. 指示に従う
  9. 他のデバイスの更新を求められる場合があります。 エンド ツー エンド (E2E) 暗号化を有効にする前に、iCloud アカウントにサインインしているユーザーの
    • または、古いソフトウェアを実行しているデバイスを削除して続行することもできます。

高度なデータ保護を使用して iPhone でエンドツーエンドの暗号化を有効にするプロセスは次のとおりです。

iMessage、iCloud、バックアップ 1 の iPhone エンドツーエンド暗号化を有効にする

復旧連絡先またはキーの設定がまだない場合。 最初にこれを行う必要があります。

iMessage、iCloud、バックアップ 2 の iPhone エンドツーエンド暗号化をオンにします。

連絡先/回復キーの設定が完了したら。 高度なデータ保護画面に戻り、 をタップします。 「高度なデータ保護を有効にする」

もう1つ注意すべき点は、 エンド ツー エンドの暗号化を有効にするには、他の Apple デバイスを最新バージョンに更新する必要がある場合があります。 または、設定アプリのメインの Apple ID 画面から削除する必要があります。

iCloud のメッセージやバックアップなどにエンド ツー エンドの暗号化が導入されることについてどう思いますか?この機能をオンにしますか? コメントであなたの考えを共有してください!

iPhone のエンドツーエンド暗号化を有効にする方法に関するガイドをお読みいただきありがとうございます。

その他の 9to5Mac レッスン:

FTC: 自動アフィリエイト リンクを使用して収益を上げています。 より多い。


Apple に関するその他のニュースについては、YouTube で 9to5Mac をご覧ください。

Sharing is caring!

Facebook Comments

Leave a Reply