iPhoneを常に自動表示させる方法

昨年秋に iPhone 14 Pro を発表した後、Apple はソフトウェアの更新によって常時表示のディスプレイを改善し続けています。 最新の機能は、iOS 16.4 以降で iPhone を自動的に常時画面にするオプションです。

あまり柔軟性を持たずにローンチした後、Apple は 12 月に iOS 16.2 で最初に常時表示の調整をリリースしました。 これにより、ユーザーは常時オンの画面からカラーの壁紙と通知をオフにすることができます。

現在、iOS 16.4 ベータ版で、Apple はスケジュール設定/自動化を可能にしました。 iPhone フォーカス フィルターを介して常時オン

フォーカスフィルターを使用してiPhoneを常に表示するように自動的に設定する方法

この機能を利用するには、iOS 16.4 ベータ版を実行している必要があります。または、iOS 16.4 が公開されるまでお待ちください。無料ベータ版のインストール方法については、ガイドをご覧ください。

  1. 開ける 設定アプリ iPhone 14 Pro/Pro Max で。
  2. 選ぶ 興味のあるポイント > 既存のフォーカスを選択するか、新しいフォーカスを作成します。
  3. 下にスワイプし、フォーカス フィルターの下をタップします。 フィルタを追加
  4. 下部にある[新規]を選択します。 「ずっと見せて」
  5. デフォルトでは有効になっています。 増加 右上隅に
  6. 自動化する追加するフォーカスに対して、スマート アクティベーションまたはスケジュール プリセットが常に有効になっていることを確認してください。 (フォーカスフィルターの上)
  • 常にオン/オフのフィルターを別のロック画面にバインドすることもできます。 フォーカスモードに連動させることで (ロック画面を長押し > フォーカスをタップ)
  • 別のフォーカス モードにジャンプし、Always On を Off に設定して機能を自動化します。
自動的に iPhone を常に表示する 1

iPhone を常に自動的に表示する方法に関するガイドをご覧いただきありがとうございます。 これにより、この機能がより魅力的になりますか? コメントであなたの考えを共有してください!

9to5Mac のチュートリアルをもっと読む:

FTC: 自動アフィリエイト リンクを使用して収益を上げています。 より多い。

Sharing is caring!

Facebook Comments

Leave a Reply