iPhoneがWiFiに自動接続しない – 修正方法

iPhone で WiFi の問題が発生したことがある場合でも、心配する必要はありません。接続の問題を抱えているのはあなただけではないからです。 ますます多くの iPhone ユーザーが、自分のデバイスが WiFi ネットワークに接続しないと報告していますが、一部のユーザーは接続できますが、帯域幅は常に低下し続けています。

iPhoneがWiFiに自動接続しない - 修正方法

過熱した WiFi チップが問題を引き起こす可能性がありますが、iPhone の接続をブロックする可能性のあるその他の容疑者の完全なリストがあります。 読み進めてください。問題の解決に役立つヒントとコツをいくつか紹介します。

原因

さまざまな要因が WiFi 接続の問題を引き起こします。 ルーターから離れすぎている、機内モードがオンになっている、信号が弱いなど、単純で簡単に修正できるものもあります。 ただし、この問題は、ソフトウェアのバグやルーターやモデムの問題など、別の原因で発生する可能性があります。 多くの場合、iPhone のアンテナも原因となるため、問題を解決する前に考えられる原因のリストを絞り込む必要があります。

WiFi 接続を修正する

iPhone が WiFi ネットワークに自動接続しない理由は多数考えられるため、動作を再開するのに役立つ潜在的な修正のリストについて説明します。 問題を解決する方法が見つかるまで、リストされている方法を試してください。

Wi-Fi

スマートフォンの WiFi 接続を再起動します

当然、最初に試すべきことは、WiFi 接続を再起動することです。 設定アプリまたはスライド ダウン メニューで WiFi をオフにしてからオンにします。 再びオンにする前に、必ず数秒間待ってください。 接続の問題は、WiFi IP の競合などの単純な原因で発生する可能性があります。 接続を再起動すると修正されるはずです。

Bluetooth をオフにする

場合によっては、Bluetooth が原因で WiFi ネットワークに接続できないことがあります。 2 つの機能が競合し、WiFi ネットワークに接続できなくなる可能性があります。 Bluetooth をオフにしてから接続してみてください。 設定は、スライド ダウン メニューまたは設定アプリで確認できます。

機内モードがオンになっていますか?

多くの人は、WiFi ネットワークに接続できないときに機内モードをオンにしたことを忘れています。 機内モードがオンになっていると、デバイスは WiFi を含むどのネットワークにも接続できません。 誤ってモードをオンにすることもできます。

機内モードをオフにすると、すぐに問題が解決するはずです。 設定に移動して機内モードをオフにしてから、WiFi ネットワークに接続してみてください。

WiFi アシスト

iOS 9 のアップデート以降、WiFi アシスト機能が利用可能になり、安定したインターネット接続を自動的に提供することになっています。 ただし、WiFi が遅すぎる場合や信号が弱い場合は、WiFi アシスト機能が原因である可能性があります。このような場合、セルラー インターネットに自動的に切り替わるためです。 この機能を完全にオフにしてみてください。問題が解決する可能性があります。[設定]、[セルラー]の順に移動します。 WiFi アシスト機能が表示されるまで下にスクロールし、オフにします。

アイフォン

デバイスを再起動します

上記の方法で安定した WiFi 接続を取り戻すことができなかった場合は、iPhone を再起動して問題が解決するかどうかを確認してください。 電話を完全にオフにしてから、約 30 秒待ってから再びオンにします。 これは簡単な方法ですが、期待していない場合でも、多くの場合、仕事を成し遂げることができます。

モデムを再起動します

すでに iPhone と WiFi 接続を再起動しようとした場合、問題は接続の反対側にある可能性があります。 ルーターとモデムを再起動して、問題が解決するかどうかを確認します。 プラグを完全に抜くか、約 30 秒間オフにしてから再びオンにすることができます。

一部のユーザーは自宅の WiFi に接続できませんが、他のネットワークに接続しようとしても問題はありません。 その場合は、インターネット接続を再起動するだけで正常に動作するはずです。

位置情報サービスをオフにする

この方法はかなり多くの iPhone ユーザーを助けているようです。 WiFi の位置情報サービスをオフにすると、すぐに実行できるようになります。 あなたがしなければならないことは次のとおりです。

  1. 「設定」に移動し、「プライバシー」タブをタップします。
  2. 「位置情報サービス」を選択します。
  3. 「システム サービス」をタップします。
  4. WiFi ネットワークをオフにします。

保存した WiFi ネットワークを削除する

まれに、上記の方法でも問題が解決しない場合は、携帯電話の設定から保存した WiFi ネットワークを削除し、再接続してみてください。 次のようにします。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「Wi-Fi」を選択します。
  3. 情報ボタンをタップします。
  4. 「このネットワークを削除する」を選択します。
  5. 再度同じネットワークに接続してください。

ネットワーク設定のリセット

ここまでで選択肢がなくなってきたので、あと数回試してみるしかありません。 それでも安定した接続が得られない場合は、iPhone のネットワーク設定をリセットしてみてください。 つまり、セルラー設定、APN および VPN 設定を含むすべての WiFi ネットワークとパスワードが失われます。 ただし、問題を解決する必要があります。 あなたがしなければならないことは次のとおりです。

  1. 設定に移動。”
  2. 「一般」をタップしてから「リセット」をタップします。
  3. 「ネットワーク設定をリセット」を選択します。
  4. 安全パスワードを入力します。
  5. 「リセット」をタップして、選択を確定します。

ソフトウェアを更新する

ソフトウェアのバグは、多くの場合、WiFi 接続を含む多くの機能であらゆる種類の問題を引き起こす可能性があります。 iPhone が最新の iOS を実行していることを確認し、インストールしたすべてのソフトウェアを更新します。 それでも問題が解決しない場合は、電話を工場出荷時の設定にリセットするしかありません。 この方法は、他に何も役に立たない場合の最後の手段としてのみ使用してください。 プロセスが完了するとデータは永久に失われるため、実行する前にデータをバックアップすることを忘れないでください。

世界の他の地域とつながる

iPhone で WiFi 接続の問題を引き起こす可能性のあるさまざまな要因が多数あります。 ただし、問題が蔓延していて原因がわからない場合は、携帯電話を最寄りの iPhone サービスショップに持ち込んで、修理できるかどうかを確認してください。

iPhoneで同様の問題が発生したことがありますか? もしそうなら、これらの方法のどれがあなたにとって役に立ちましたか? 問題は将来再発しましたか? 以下のコメント セクションで、iPhone の WiFi 接続の問題に関する経験について教えてください。

Sharing is caring!

Facebook Comments

Leave a Reply