Excelでセルを自動入力する方法は?

Excel セルを 1 つずつ入力することほど、ありふれたことで面白くないことはありません.幸いなことに、あるスプレッドシートから別のスプレッドシートにデータをコピーするために一生を無駄にする必要はありません. Excel のオートフィルを利用して、時間を節約し、作業をより効率的に行うことができます。

Excelでセルを自動入力する方法は?

この機能は Excel でどのように機能しますか? 続きを読んで確認してください。

Excelでセルを自動入力する方法は?

Excel のオートフィル機能は、カーソルをドラッグするだけで簡単に使用できます。 最初の 1 つまたは 2 つのセルに入力するだけです。 次に、プログラムは残りのセルに何を含めるかを指定します。

セルに同じデータを自動入力するには次の手順を実行します。

  1. 最初のセルに入力します。
  2. カーソルをセルの右下隅に移動して、「+」記号にします。
  3. セルの隅をつかみ、ドラッグして残りのセルを埋めます。

セルに同じ値ではなくシーケンスを入力する場合のプロセスも同様です。

  1. シーケンスの最初の 2 つのセルを入力します。
  2. セルを選択
  3. 選択範囲の右下隅をクリックしたままにして、ドラッグを開始します。
  4. Excel は、入力したセルに基づいて形式を推測し、それに応じて続行します。

プログラムが形式を正しく識別しない場合プロセスが完了すると表示される[自動入力]メニューをクリックして、自動入力を調整します。 正しいオプションを選択すると、それに応じて Excel が順序を調整します。

別のシートに基づく Excel オートフィル セル

ある Excel ワークシートから別の Excel ワークシートにデータをコピーしますか? 元のドキュメントが変更されるたびに、個々のセルを手動でコピーして貼り付けたり、スプレッドシートを更新したりする必要はありません。 別のシートに基づいてセルを自動入力する方法は次のとおりです。

  1. データベース用の新しいワークシートを作成します。
  2. セルの 1 つにカーソルを置き、「=」に続けてシート名を入力します。 エクスクラメーション・マークたとえば、単純な数式は「=Sheet1!A1」のようになります。
  3. 「Enter」を押すと、参照したセルに含まれる情報がセルに表示されます。
  4. セルの右下隅をつかみ、選択範囲をドラッグして、次の行と列からデータをインポートします。

これは他のシートからデータをインポートする良い方法ですが、別のシートからデータをインポートすることはお勧めできません。 ただし、データをコピーする代わりに、データをフィルター処理または整理する必要がある場合があります。 式を少し変えると Office 365 の他のシートからデータをフィルター処理して、関連するデータのみをインポートできます。 開始するには、次の手順に従います。

  1. 新しいシートを作成
  2. セルをクリックして、数式「=FILTER(」を入力します。
  3. 参照するワークシートに切り替えて、ヘッダーのないテーブル全体を選択します。
  4. 式にコンマを入力します。 次に、データをフィルター処理する列を選択します。 ヘッダーを再度分離することを忘れないでください。
  5. 「=」と入力して、フィルターの基準を設定します。 数字なら数字を書き留める列にテキストが含まれている場合数式で引用符を使用します, 例: “=FILTER(Sheet1!A1:C3,Sheet1!A1:A3=1)”. 列 “A” の番号が 1 のすべての行が新しいワークシートにインポートされます。
  6. ブラケットを閉じて「Enter」を押します。

リストによる Excel オートフィル セル

特定の形式で収集する必要がある大量のデータ リストを含む Excel シートはありますか? 心配する必要はありません。 データを手動で再入力する必要はありません.Excel の「フラッシュ フィル」機能は、オートフィルを次のレベルに引き上げます。 そしてあなたの仕事をより簡単にします。 既存のリストに基づいてセルを自動入力する方法は次のとおりです。

  1. リストの情報を使用する場合と同様に、最初のセルに入力します。
  2. 「Enter」を押して、次の項目の入力を開始します。
  3. Excel は同じパターンに従って残りのセルに入力します.[Enter]を押して提案を受け入れます. リストが完成しました。

ドロップダウン リストの選択に基づく Excel オートフィル セル

Excel でドロップダウン リストを作成して、選択内容をセルに入力できるようにすると、時間を大幅に節約できます。 ドロップダウン リストの選択に基づいてセルを自動入力する方法を見てみましょう。

まず、ドロップダウンがカバーするデータ用に別のワークシートを作成する必要があります。

  1. Excel ドキュメントを開き、新しいシートを追加します。
  2. 結合またはゼロから作成するデータベースを空白のシートに配置します。
    次に、スプ​​レッドシートを表に変換します。 このように編集または拡張するのは簡単なので、これは重要です。 また、作成しようとしているドロップダウンは、データを編集するたびに自動的に更新されます。
  3. スプレッドシートの任意のセルを選択します。
  4. Ctrl と「T」を押して「OK」を押すと、テーブルが作成されます。

データベースの準備ができたらドロップダウン リストを作成します。

  1. ドロップダウン リストを配置するセルを選択します。
  2. 上部の「情報」タブに切り替えます。
  3. 「情報ツール」セクションを見つけます。
  4. 「データ検証」アイコンをクリックし、ドロップダウン メニューからこのオプションを選択します。
  5. 「許可」の下の「リスト」オプションを選択します。
  6. [ソース]フィールドをクリックして、データベース ワークシートに切り替えます。
  7. ドロップダウン リストに表示する項目を含む列を選択します。
  8. データ検証ウィンドウで「OK」をクリックします。

ここで、リスト内のアイテムを選択したときに表示する残りの情報を挿入します。

  1. 最初のデータとして空のセルを選択します。
  2. 「数式」、「検索と参照」、「VLOOKUP」の順にクリックします。
  3. 次のフィールドに情報を入力し、[OK]をクリックします。
    • 「Lookup_value」は、ドロップダウン リストのセルである必要があります。
    • 「Table_array」には、データベース全体を選択します。
    • 「Col_index_num」には、表示するデータを含む列番号を入力します。
    • 確実に 「Range_lookup」は「False」

1 つの列への参照を作成しました。 数式をコピーして次のセルに貼り付け、残りの列のデータを表示します。各コピーで、インデックス番号を参照する列番号に置き換えます。

ドロップダウン リストでアイテムを選択するたびに数式を入力するセルには、目的のアイテムに関する情報が自動的に入力されます。

Excel を最大限に活用する

Excel セルを自動的に入力する方法を学習すると、スプレッドシートに投資する労力を大幅に削減できます。 上記の手順に従って、Excel の高度な機能を利用し、単調な作業から解放されます。

以前に Excel のオートフィル オプションを使用したことがありますか? この機能を利用するためのお気に入りの方法は何ですか? 以下のコメントセクションでお知らせください。

Sharing is caring!

Facebook Comments

Leave a Reply