Corsair は、今後の PSU でコネクタを移動する可能性があります。


以来 ホモ・サピエンス まっすぐ歩き始める PC の電源装置は、ほぼ同じレイアウトを共有しています。 電源コードは壁から片側に出ています。 コネクタは反対側にあります。 シャーシの前面に面することによってレイアウトは ATX 規格と互換性があるため、これはうまく機能しますが、シャーシの下部にケーブル ネストが作成される可能性があります。 これが、多くのケース メーカーが PSU に絶縁材を巻き付け始めた理由です. 現在、Corsair は、ケースの電源ケーブルを整理する別の方法を試みているようです: コネクタを PSU の側面に移動します.

この新しい電源の写真は、信頼できるリーカーによって Twitter に投稿されました。 モモモたちこの製品は適切に Shift と名付けられており、Corsair の新しい電源ファミリの兆候である可能性があります。または、同社が従来の PSU ラインナップを提供するだけでなく、「Shift」モデルも含む可能性があります。

報告によると、Corsair は 850W、1000W、1200W の 3 つのモデルを提供する予定で、コネクタの新しい位置により、コネクタはサイド パネルに直接向けられます。 これにより、PC ゲーマーとして使用しながら、ケーブルの追加や取り外しが簡単になります。 指摘する完全に構築されたシステムでコネクタにアクセスすることは、非常に困難な場合があります。 あなたの謙虚な作者は最近これを行い、GPU アップグレード用の新しい PCIe 電源ケーブルを追加するためだけに、私の PC のほとんどを解体する必要がありました.それでも多くの ATX ケースでは機能しません.

1000W モデルの接続オプション (写真: @momomo_us)

この向きに特定のカットアウトがあるが、別の方向を向いている場合、これがうまく機能することがわかります。 これにより、すべてのケーブルをマザーボードの後ろに置くことができます。 一部の ATX ケースには、このタイプのレイアウトが既にあります。 しかし、それらのほとんどはそうではありません。 これにより、サイドパネルを通して見るとすっきりとした外観になります。

Corsair は、レイアウトと互換性のあるケースを作成する可能性があります。 現在のシャーシ オプションのほとんどは、PSU 領域を囲むシュラウドで構成されています。 すっきりとした配線に重点を置いたシフトシャーシに取り組んでいるのかもしれません。

これはシフトのブランドが見える唯一の画像です (写真: @momomo_us)

これが実際の製品かどうかはまだわかりません。 あなたはまだ Twitter で見るものに神経質になっていますが、私たちを悩ませていることが 1 つあります。 ポスターには次のように記載されています。 インテル ATX 3.0 電源はありますが、12VHPWR コネクタはありません。2in1 のようなアダプターを使用している可能性はありますが、可能性は低いと思われます。 人々はアダプターなしでサポートを必要としているからです。

関係なくそれが真実であることを願っています。 PC の配線方法を再考する時が来たからです。 コードのクリーニングがこれまでになく簡単になりました。 しかし、このような製品はPITAを少し少なくするかもしれません. 同様に機能するケースがあるとしましょう。

今読んでください:

Sharing is caring!

Facebook Comments

Leave a Reply