最も一般的な Windows アクティベーション エラーとその修正方法

一般的な Windows アクティベーション エラーを 1 つのツールですばやく修正

サーガル・ナレシュ

サーガル・ナレシュ

Sagar は Web 開発者であり、テクノロジー ジャーナリストでもあります。 現在、WindowsReport および SamMobile に関連付けられています。 執筆していないときは、ジムで汗を流したり、遊んだりしています… 続きを読む

に公開


にレビューされました
ヴラド・トゥリシアヌ

ヴラド・トゥリシアヌ

テクノロジ、Windows、および電源ボタンのあるすべてのものに情熱を傾けている彼は、ほとんどの時間を新しいスキルの開発とテクノロジの世界についての学習に費やしました。 これから…もっと見る

  • Windows アクティベーション エラーにより、PC の本来の能力を使用できなくなります。
  • すべてのアクティベーション エラーに適用される最も一般的な解決策は、アクティベーション トラブルシューターを使用することです。

プロダクト キー Windows 11 セットアップでプロダクト キーを検証できませんでした

バツダウンロードファイルをクリックしてインストール

さまざまな PC の問題を解決するには、Restoro PC 修復ツールをお勧めします。
このソフトウェアは、一般的なコンピューター エラーを修復し、ファイルの損失、マルウェア、ハードウェア障害からユーザーを保護し、PC を最適化して最大のパフォーマンスを実現します。 3 つの簡単な手順で PC の問題を修正し、ウイルスを今すぐ削除します。

  1. Restoro PC修復ツールをダウンロード 特許取得済みの技術が付属しています (特許取得可能 ここ).
  2. クリック スキャン開始 PC の問題を引き起こしている可能性のある Windows の問題を見つけます。

  3. クリック 全て直す コンピュータのセキュリティとパフォーマンスに影響する問題を修正するには

  • Restoro は によってダウンロードされました 0 今月の読者。

ライセンス認証しようとすると、Windows ライセンス認証エラーが発生しますか? 特に、さまざまな理由で発生するさまざまな種類の Windows アクティベーション エラー コードがあります。

このガイドでは、ほとんどの Windows ライセンス認証エラーと、それらを迅速に解決するのに役立つ効果的な解決策をリストしました。 それらをチェックしてみましょう。

最も一般的な Windows アクティベーション エラーは何ですか?

以下は、遭遇する可能性のある最も一般的な Windows ライセンス認証エラーの一部のリストです。

  • エラー 0xC004F211、0xC004F213 – これらのエラーは、Windows がデバイスのハードウェアに関連付けられたライセンスを見つけられなかったことを意味します。 エラー コード 0xc004f213 または 0xC004F211 を修正するには、有効なアクティベーション コードを購入する必要があります。
  • エラー 0xC004F212 – このエラーは、デバイスで入力したプロダクト キーが機能しなかったことを示しています。 修正するには、Microsoft Store に問い合わせるか、Windows ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用してみてください。
  • エラー 0x803f7001、0x800704cF – これらのエラーの原因は、ハードウェアの大幅な変更、または無効なプロダクト キーの入力です。 これらは一般的な Windows 10/11 アクティベーション エラーであり、簡単に修正できます。
  • Error 0xC004C003, 0xC004C060, 0xC004C4A2, 0x803FA067L, 0xC004C001, 0xC004C004, 0xC004F004, 0xC004C007, 0xC004F005, 0xC004C00F, 0xC004C010, 0xC004C00E, 0xC004C4A4, 0xC004C4A5, 0xC004B001, 0xC004F010, 0xC004F050 – これらのエラー コードはすべて、同じ問題が原因で発生します。 これらは、間違ったプロダクト キーが原因で、またはアクティベーション サーバーがビジーであったためにポップアップ表示される可能性があります。
  • エラー 0xC004F034 – 間違ったプロダクト キーを入力した場合、または別のバージョンの Windows のプロダクト キーを入力した場合、このエラーが発生します。 専用ガイドに記載されている解決策を適用して、Windows 11 アクティベーション エラー 0xC004F034 を解決してください。
  • エラー 0xC004F210、0xC004E016、0xC004F00F – このエラーは、間違ったプロダクト キーを入力した場合、または PC にインストールされている Windows の現在のバージョンがデジタル ライセンスのエディションと一致しない場合に表示されます。 別のガイドで、Windows 10 の 0xc004e016 について詳しく説明しました。
  • エラー 0xC004FC03、0x8007267C、0x80072ee7 – インターネットの問題またはファイアウォール/ウイルス対策設定がこの問題を引き起こす可能性があります。 PC をインターネットに接続してみるか、ファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にして、オンライン アクティベーションを完了することができます。 エラー コード 0x80072ee7 を修正するための専用ガイドを次に示します。
  • エラー 0xC004E028 – このエラーは、アクティベーションのリクエストを送信済みで、プロセスが進行中の場合に表示されます。 プロセスが完了するまで待つ必要があります。プロセスが完了すると、デバイスがアクティブになります。
  • エラー 0xD0000272、0xC0000272、0xc004C012、0xC004C013、0xC004C014 – アクティベーション中にアクティベーション サーバーがビジー状態の場合、このエラーが発生します。 しばらくしてからプロセスを完了してください。
  • エラー 0xC004C008、0xC004C770、0x803FA071、0xC004C020 – これらのエラー コードは、入力したプロダクト キーが別の PC で既に使用されているか、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項で許可されている範囲を超えて複数の PC で使用されていることを意味します。 Windows のコピーで有効な別のプロダクト キーを入力してみてください。
  • エラー 0x8007232B、0xC004F074、0xC004F038、0x8007007B – これらのエラー コードは、Windows の Enterprise エディションのプロダクト キーを使用して Windows 11 Home または Windows 11 Pro をアクティブ化した場合に表示されます。 また、これらのエラーは、オンライン アクティベーション プロセスを完了するためにインターネットに接続していないときにポップアップ表示されます。
  • エラー 0x80072F8F – 時計が正しくない場合、エラー 0x80072F8F が表示されます。 また、Windows がオンライン アクティベーション サービスに接続できない場合にも発生する可能性があります。 時間を調整し、接続を確認して修正してください。
  • エラー 0xC004E003 – このエラーは、サードパーティ ソフトウェアがシステム ファイルを変更したときに発生します。 システムの復元を使用して、システム ファイルを以前の時点に戻すことができます。 また、Windows 10/11 エラー 0xc004c003 の修正方法に関するガイドに記載されている解決策を適用してください。
  • エラー 0x80004005 – このエラー コードは、Windows ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを実行することで解決できます。 その他の解決策については、Windows 0x80004005 エラーの記事をご覧ください。
  • エラー 0x87e10bc6 – これは、アクティベーション サーバーまたはライセンス サービスのエラーが原因で、PC がアクティベーション プロセスを確認するのに少し時間がかかっているエラーの 1 つです。 Windows 11 のエラー 0x87e10bc6 および Windows 10 の 0x87e10bc6 アクティベーション エラーを修正するための完全なソリューションを提供するガイドを確認できます。
  • エラー 0x80070652 – 更新コンポーネントまたは更新関連のシステム ファイルが PC にない場合、このエラー 0x80070652 が発生します。 解決策の完全なリストについては、Windows 10/11 更新エラー 0x80070652 の修正方法に関するガイドを参照してください。
  • エラー 0xc004f063 – PC がライセンスの認証に失敗すると、Windows 10 でエラー コード 0xc004f063 が表示されます。PC で SFC スキャンを実行して、この問題の解決を試みることができます。

Windows アクティベーション エラーを修正するにはどうすればよいですか?

ソリューションを適用する前に、実際に適用してエラーを解決できるいくつかの事柄を以下に示します。

  • PC を再起動します。 クイック再起動は、あらゆる種類の Windows の問題を解決するのに役立つ場合があります。
  • 接続に干渉している可能性があるため、ウイルス対策とファイアウォールを一時的に無効にします。

1. Windows ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを実行する

  1. を押します。 勝つ + 開くボタン 設定. クリック アクティベーション.
  2. あなたは見るでしょう トラブルシューティング Windows のコピーがアクティブ化されていない場合は、ボタンをクリックします。
  3. ボタンを押して、画面の指示に従ってアクティベーションの問題を解決してください。

2. コマンド プロンプトを使用して Windows をアクティブ化します

  1. を押します。 ウィンドウズ 開くための鍵 始める メニュー。
  2. タイプ コマンド・プロンプト そしてそれを 管理者.
  3. 以下のコマンドを実行します。 slmgr.vbs –rearm
  4. プロセスが開始され、成功のプロンプトが表示されたら、 わかった.
  5. 再起動 あなたのPC。

最も一般的で検索された Windows アクティベーション エラー コードのいくつかを、その解決策と共にリストしました。

一部の PC の問題は、特にリポジトリの破損や Windows ファイルの欠落など、取り組むのが難しいものです。 エラーの修正に問題がある場合は、システムが部分的に壊れている可能性があります。
マシンをスキャンして障害を特定するツールである Restoro をインストールすることをお勧めします。
ここをクリックしてダウンロードし、修復を開始します。

上記の解決策に従うと、エラーコードを効果的かつ簡単に修正できます。

どのトラブルシューティング方法でもうまくいかない場合は、Windows OS を再インストールすることをお勧めします。 これは、何も機能しない場合にのみ実行する必要があります。

Windows 11 を再インストールする方法を説明するガイドがあります。この記事では、ISO ファイルとインストール メディアを使用して再インストールする方法について説明しています。

ネットワーク接続の失敗も、複数の Windows ライセンス認証エラー コードの根本的な原因です。 このような場合、詳細については、インターネット接続が失われたガイドを確認してください。

アクティベーションエラーを修正できましたか? 以下のコメントでお知らせください。

まだ問題がありますか? このツールでそれらを修正します。

スポンサー

上記のアドバイスを行っても問題が解決しない場合は、お使いの PC でさらに深刻な Windows の問題が発生している可能性があります。 簡単に対処できるように、この PC 修復ツール (TrustPilot.com で評価が高い) をダウンロードすることをお勧めします。 インストール後、単に スキャン開始 ボタンを押してから 全て直す。

Sharing is caring!

Facebook Comments

Leave a Reply