大きなiPhoneを片手で使いやすくする方法

iPhone Pro Max には当初非常にがっかりしていましたが、このサイズの電話を使用するのは久しぶりです。 しかし、新しい電話が9月に発売されるとき。 がんばろうと思います。 最初はとても気に入りました。 しかし、こんなに大きな電話を持ち歩くのは私を悩ませます。 平らな面は片手で持ちにくいです。 また、物を持ち上げるには、ほとんどの場合両手が必要です。 小さい iPhone に切り替えるというアイデアにはためらいがありましたが、不動産や ProMotion をあきらめたくなかったので、このサイズの iPhone を使いやすくする方法をたくさん見つけました。

表示ズームを有効にする

画面のズームを有効にせずに Apple デバイスを使用するのが好きな傾向がありますが、より大型の iPhone では問題ありません。 この機能は素晴らしい機能です。 画面ズームは技術的には、より大きなタッチ ターゲットが必要な視力の弱いユーザーを対象としています。 しかし、iPhone のサイズに悩まされている場合は、画面のズームを有効にするとアイテムに触れることができます。 片手でより多くを得る

  • リリース 設定
  • 選ぶ 表示と明るさ
  • 下にスクロールして ズームを表示
  • 触る 見る
  • 選ぶ ズーム
  • iPhoneが新しいモードに戻ります。

バックタップのショートカットをオンにする

iOS 14 では、Apple はアクションをトリガーできる「バックタップ」と呼ばれる新機能を導入しました。 iPhoneの背面をタップします。 でも実際に使えますバックタップで何でもできるように設定できます。 しかし、大型のスマートフォンでは手が届きにくい機能をいくつか複製することにしました。

アクセシビリティをトリガーするダブルタップをセットアップしました. もちろん、アクセシビリティを開いて、ホームページインジケーターを下にスワイプするだけです. しかし、そのジェスチャーはヒットまたはミスです。 Apple では、トリプルタップを設定することもできます。 スクリーンショットを実行するために選択したもの。 iPhone の両側のボタンを押す代わりに、背面をトリプルタップしてスクリーンショットを撮ります。

  • リリース 設定
  • 選ぶ アクセス
  • 触る 触る
  • 下にスクロールして タップバック
  • トリガー アクションを選択します。

補助的なタッチを使用する

Assistive Touch は非常に強力なツールです。 これにより、iPhone の使い方をカスタマイズすることができます。 素晴らしいフローティングショートカットです。 ヘルプタッチメニューを使用する代わりにフローティング ボタンを設定してさまざまなアクションを実行できます. 最初に行ったのは、空白の不透明度を最低 15% に減らして、画面にはっきりと表示されないようにすることでした.

シングルタップで通知センターをプルダウンするように設定しました。 画面の上部に到達するよりも簡単です。 ダブルタップすると、コントロール センターがダウンします。 左手で大きなiPhoneを使用している場合、コントロールセンターのジェスチャーは苦痛です。 したがって、これは便利です。 時々電源ボタンを押しにくい場合長押しで画面ロックを設定できます。

  • リリース 設定
  • 選ぶ アクセス
  • 触る 触る
  • 触る AssistiveTouch
  • 開いた AssistiveTouch
  • あなたの選択 カスタム アクション
  • あなたの設定 空白の不透明度

アプリを一番下に配置します。

これで、ホーム画面に少しの情報を表示するウィジェットができました。 アプリのサイズを縮小するには、これらのウィジェットを使用する必要があります。 中サイズのウィジェットを 1 つ、中央に小さいウィジェットを 2 つ、その下に 2 行のアイコンを配置するのが好きです。 必要なすべてのアプリに簡単にアクセスできます。 また、他のアプリからのデータを表示することもできます。 アクセスできるようにしたい

片手キーボードを活用してください。

Apple の内蔵キーボードには、便利な片手モードがあります。 そのため、キーボードを最小化して片側に固定し、片手で入力できます。 多くのことを処理する必要があり、短いメッセージを送信したり、メモを取りたい場合に非常に便利です。

オプションの触覚フィードバックを備えた優れた片手モードも備えている、Google の Gboard などの代替キーボードを使用することもできます。

FTC: 自動アフィリエイト リンクを使用して収益を上げています。 より多い。


Apple に関するその他のニュースについては、YouTube で 9to5Mac をご覧ください。

Sharing is caring!

Facebook Comments

Leave a Reply